子会社のプロパー社員あるある

会社の話
似顔絵ケーキでサプライズ(^_-)-☆
北海道の行者ニンニク入りの激うまソーセージ「ピルカフランク」

北海道の行者ニンニク入りの激うまソーセージ
「ピルカフランク」

子会社の人間関係について書きます。

子会社に入ったのは、今から約20年前のピッチピチの27才の時。

派遣社員として1年間働き、そのままプロパー社員として中途で採用されることになりました。

何の会社か分からないまま入り、派遣初日からいきなりたじろぐ!!

まずは、各部署への挨拶回り。

行くとこ行くとこ、おじさんばかり!(55才以上)

いや、お父さんだ! 顔もみんな同じに見える!?

自分のいる事務所には約30名が働いていた。

おじさん9割、女子1割、そのうちおじさんは、ほぼ親会社からの出向社員と転籍社員!

こ、これは、何かの間違いだ!

想像してたのと違う!

おっかないおじさんがたくさんいる!?

こんな中に、ヤングマンが一人放り込まれる。

良くも悪くも、会社中の注目の的なる!

けっこう、集中攻撃かも!!

もうダメかもしれない! やっていける気がしない!!

それでもなんとか働いて仕事になれてきたころ、消極的なネガティブヤングマンは、これからのことを冷静に考えた!

ヤングマンが良い仕事をすると注目されているので、より評価されやすいことに気がついてしまう。

これはチャンスかもしれない!?

今なら、ライバルのヤングマンがいない。

理にかなっていれば、自分の考えたことをどんどんやらせてくれる。

やりたい放題だ!

おっかないおじさんもいるが、ほとんどはやさしいお父さんばかりだった。

そうこうしているうちに十数年が過ぎ、プロパー社員の若者もどんどん入ってくる。

ヤングマンもやりたい放題やったおかげで、それなりの管理社員となることができた。

見た目も中身もおじさんの仲間入りを果たした!

相変わらず、毎年親会社から転籍社員と出向社員のおじさんがやってくる。

この人達は、経験の少ないプロパー社員にとっては、仕事で頼りになる心強い先輩なる。

十数年もいると、この人達が自分の年上の部下として、入ってくることがある。

普通に年上の部下だけでもやりづらいのに、出向社員や転籍社員で年上の部下だと、かなりやりづらい関係になる!!

この人達の中で、時々すごい感じが悪くて上から目線で話す人がいる。

いくら年上でも、部下から上から目線で話されると、ムカついてしまう!

でもまぁそんなことがあっても、いつもは年上だからと自分に言い聞かせ、冷静にそれとなく話してかわすようにしている。

でも、たまに地雷を踏んでしまう。

ドカーーーン!

どこにあるか分からない避けられない地雷!

その踏んだ地雷で、大怪我するなんて・・・・・

親会社から転籍した他部署の年上の部下と揉めてしまった!

もう、どうしようもなかった。

一度揉めてしまうとその後もまた揉めてしまう。

まったく、うまくいかない。

完全に生意気だと思われている。

相手が自分の事を嫌っているのを感じる。

自分も嫌いだけど。

そして、月日は流れ子会社の宿命が発動する!!

シャキーン!!

子会社の役員や部長は、親会社の転籍社員がほとんどを占める。

団塊の世代の退職が進み、揉めた相手が昇進してしまう。

そして、立場が逆転する。

あぁーっ!もう人生終わてしまたー!

立場が逆転すると、その後の仕事はずーっと大変になる!!

いつしか、自分は「仕事に対する姿勢が悪い」という人間になってしまっている。

一度貼られたレッテルを取り戻すことは難しい。

倍返しされた!!

もう、おしまいDEATH!!

人間関係、何がおこるか分からない。

  • 揉めてはいけない!
  • ケンカもダメだ!
  • 敵をつくるな!
  • 味方をつくろう!

特に年上の部下の出向社員と転籍社員とは、上手に関係を築くことを
おススメしますDEATH!!

おわり

コメント